Top >  CADの概要 >  CADについて

CADについて


機械用CAD(メカCAD)
立体を正面図・側面図・平面図等の平面図形として表現・操作するものを2次元CAD(2D CAD)、立体をモニターなどの表示デバイスで3次元的に表示・操作するものを3次元CAD(3D CAD)と呼ぶ。立体の陰線処理ができない場合は2.5Dと呼ぶ場合がある。

グラフィックソフトのデータは大別して線分要素で表示するベクトルデータ(ベクターデータ)とビットマップで表示するラスターデータがあるが、作図ソフトとしてのCADではベクトルデータによるものが多い。

ベクトルデータは2次元CADでは始点から終点を示す(x1, y1) (x2, y2)、3次元CADでは(x1, y1, z1) (x2, y2, z2)のような座標値で線分要素を表現する。 Dassault Systems社のCATIA、PTC社のPro/ENGINEER、Autodesk社のInventorがシェアの大部分を確保している。


建築用CAD
建築分野では、建物や構造物などの建築物の立体を平面図・立面図・断面図、あるいは透視図等の図面として表現し、それにより建築物を製作=施工していくことになる。技術者の専門領域に応じて、意匠、構造、設備などの図面群が存在し、それらの図面を作成するソフトウェアを建築CADと呼ぶ。図面は設計行為の成果物であるが、建築CADのレベルも製図をするだけのものから、より専門的な検討、解析、シミュレーションなどを含んだ高度なレベルまで存在することになる。

DRA-CADやJw_cad、VectorWorks、AutoCADなどは、日本の建築分野でよく利用されているCADである。これらは、図面を作成する機能や3次元モデルを作成するモデリング機能などが搭載されている。 また、近年3次元オブジェクトCADという呼び方が定着し、Autodesk社のRevit、同じくAutoCAD Architectural Desktop(通称ADT)、GRAPHISOFT社のArchiCADなどがその代表的なCADである。

電気系CAD
電気系CADは基本的に2次元CADである。大きく回路図用とレイアウト用に分かれる。レイアウト用はさらにプリント基板用とフォトマスク用に分かれる。回路図用は電気、電子回路、論理回路などの接続情報を表現するものであり、寸法は重視しないためCADの範疇に入るかどうかは微妙であるが寸法重視のレイアウト用と一体の場合も多い。レイアウト用は基板や複数種の配線などを表現するためのレイヤー(層)を扱え、かつ小さなブロックを組み合わせより大きなブロックにしていくような階層を持たせた設計が可能となっている。

ケイデンス・デザイン・システムズなど米国企業が大きなシェアを持つが図研(プリント基板)やセイコー(フォトマスク)などの国産品もある。

ファイルフォーマット

DCC
DGN
DXF
DWF
DWG (AutoCAD / AutoCAD LTシリーズ用ファイルフォーマット)
E2
E3
IGES
JAMA
JWC
JWW
MPP
MPS
MPW
MPX
MPZ
MODEL
SIMA
STEP
STL
SXF(SFC,P21)
CFIO
UFIO
GERBER
GDSII
OASIS
BMI (MICRO CADAM 用中間ファイル)


関連エントリー

日本国内で代表的な無料CADソフト
日本国内の代表的な市販CADソフト
CADについて




相互リンク : 相互リンク登録

スポンサードリンク